埼玉元気農業塾へようこそ

農業を元気に

  農業で元気に

ブロッコリー

農場埼玉県比企郡滑川町羽尾2570-1  
    地図は
こちら を御覧ください。
    (地図の
赤い矢印にカーソルを合わせクリックすると縮尺が変えられます。)
    お車では、関越道 東松山ICから7分

連絡先  [北岡]
メ ー ル genkifarms@ybb.ne.jp

携   帯
090−2744−6602(常時可)

Tel&Fax:050−1015−5148(IP電話・Yahoo BBフォンからは通話無料

北海道花・野菜技術センターの試験成績

小松菜の栄養素(100g当たり)

 ・カルシウムが290mg (牛乳は100mg、ほうれん草は55mgです)
 ・カリウムが420mg
 ・カロチンが3,300μg
 ・ビタミンCが75mg
 ・食物繊維が2.5g
 ・鉄が3.0mg

小松菜の健康効果

小松菜に含まれるカルシウムはほうれん草の5倍強あり、野菜の中ではトップクラスです。

カルシウムは、骨や歯を丈夫にし、骨粗鬆症を予防する上で欠かせない栄養素です。
小松菜はカルシウムが不足しがちな熟年の方や妊婦、成長期のお子さんに積極的に食べてほしい野菜です。

  

「サトウキビから黒砂糖」 埼玉新聞 08/12/20 (PDF)

 

          小松菜やほうれん草は、夕方に収穫した方が、朝に収穫したものよりも硝酸が少なく、

          ビタミンや糖分が多いことが明らかになっています。



「就農支えて交流後押し」 朝日新聞 08/3/4 (PDF)

美味しい野菜&くだもの作りを目指しています。

地方に伝わる伝統野菜の発掘、栽培方法の改善・実証に取り組んでいます。

肥料は、有機主体ですが、植物栄養に関する研究成果を活かし、作物にとって腹八分にコントロール。

これで身が締まった健康体の野菜を育て、味と香りを引き出します。

旬の野菜が中心で、無理な栽培はしません。したがって、農薬は品目・時期によって、使用しないか又は最小限に抑えています。

こうして人と環境にやさしい農業を追求しています。

    

     

新聞等掲載記事

「農業参入者を支援」 定年時代 09/7/6 

PDFはこちら


新たに農業を始めたい方の研修、相談、農業体験をしたい方の受け入れをしています。

農作業はメタボ解消にもうってつけです! 一緒に気持ちのよい汗を流し、安全でおいしい野菜を作りましょう。
                                                                     
 

埼玉

2009/2/19